【コミュニケーション講座】のご案内

「子どもにイライラ、ガミガミ怒鳴ってしまい親子関係が最悪」「気を遣ってばかりで言いたいことが言えずストレスがたまる・・」とどんより憂鬱な気分ですよね。

実はこういう事が起きるのはコミュニケーションに原因があるからなんです。

心理学に基づいたコミュニケーション方法を学べば、相手を尊重しながら自分の思いを効果的に伝える方法がわかります。そして日々実践していくうちに相手の事がよく理解でき、自分の事も理解してもらいやすくなり、人間関係のストレスが減ります。

さらに自分がコミュニケーション上手になると、家族や知人との関係も好ましい状態に変化していきます。自分と合う人とはさらに仲が深まり、ストレスを感じる時には適度な距離をおいてつきあえるようになるからです。

つい感情的になって言いすぎて後悔してしまう人にも、言いたいことがなかなか言えずに悶々としてしまう人にもおすすめです。

学校では習わないけれど知っておくと絶対得する、一生モノの知識です。マンツーマンなので悩みを相談しながら学んで頂けます。

<効果>相手が心を開いてくれる効果的な聴き方ができる・相手の心に届く&響く話し方ができる=感情をぶつけるのではなく自分の本当の思いや考えに気付き効果的に伝えられる・「人は人、自分は自分」と思えるようになり人に影響されにくくなり心が安定する→欲求不満・口喧嘩・悩みが軽減され楽になります。

<内容> 方法を学ぶだけでなく、日々の生活ですぐ使えるようお悩みの状況に合わせてワークもします。

第1回 よりよい人間関係を築くための心理学 Iメッセージ・アクティブリスニング 第2回 意見が対立した時の対処法

<お客様の声>

「講座を受けて本当によかったです。こんなに必死で何度も言っているのになぜうちの子は言う事をきかないのか・・とイライラしたり落ち込んでいましたが、講座で習ったIメッセージを使って伝えると子どもが素直になり親子関係が一気に改善しました」

「これまでは人に優しくしても冷たくされるととても傷ついていました。私の接し方が悪いのかなと自分を責めていました。でもコミュニケーション方法を学び相手がどう感じるかは相手の自由だと思えると自分を責める必要はないと思えて心が軽くなりました

「今まではイライラしたり怒ることはよくない事だからガマンしないといけないと思っていました。それにイライラする自分はダメだと思ってました。でも相手を責めたり傷つけずに言いたいことを言う方法を知って、実際に勇気を出して言ってみるとスッとしました。それで相手の反応も変わってきたのでこれからも練習していきたいです」

<こんな方におススメ>子どもにガミガミ言ってしまい自己嫌悪・言いたいことを言えずに苦しい・ガマンするか爆発するかしか感情を吐き出せずストレス・人と意見が違うと不安になる・人から言われた言葉が流せない・相手の反応にビクビクし気が休まらない・人付き合いが苦手・断るのが苦手・辛くても辛いと言えない・人に振り回される